Just another WordPress site

制服が必要になる理由

幼稚園で制服が必要になる理由とは

学生になると当たり前のように制服を着用するようになるものですが、幼稚園の段階でも多くの園で制服を導入しています。小さいうちは自由に個性を伸ばしていきたいところ、なぜ同じものを着なくてはならないのか、疑問に思っている方も多いことでしょう。しかし、やはりこうしたルールは小さいうちから当たり前のように身に付けておくことが大切なことでもあるのです。小さなうちから特定の服を着用することが必要な理由について詳しく考えてみましょう。
まずは、子ども同士で差をつけないという事があります。教育の場では平等であるべきですが、親の収入などによって、裕福かそうでないかに差が出てしまいます。そうすると、自由に服を選ぶようにすることで服装に大きな差が出てしまうことになります。華美な服装をする子も出てくることでしょう。経済面にまだ意識が向かない小さな子供に、この差を理解して適切な態度をとれというのも難しいでしょう。そういった場面でのいじめやケンカなどを防ぐためにも、決まった服装で統一するという事は必要なのです。
また、幼稚園が教育の場であることから、定められた服装で統一することに意味があるという事も言えます。身なりを整えるという事を意識させるためにも役立ちます。制服があることによって、式典などがある際にはそれにふさわしい服装をする、家と幼稚園での気持ちの切り替えをする、といった具合に、気持ちと服装の関係を自然に身に付けさせるという事もできるでしょう。暮らしにメリハリをつける効果もあります。こうした教育に関する良い影響を与えられるという事も理由の一つであると考えられます。
また、小さい子供はまだまだ器用に着替えることが出来ないという事もあり、着替えの訓練のために利用できるという事もあります。どうしても自分で着がえやすいタイプの服ばかりを家では着させてしまいがちになり、そういった能力が伸びていかないこともあります。幼稚園に行く日だけでも制服でいつもと違う着方を経験しておくことで生活能力を伸ばしていくことにつなげることが出来るのです。
幼稚園という幼い段階から型にはめられるという事に抵抗を感じる方もいるかもしれません。しかし、まだ成長の基礎段階だからこそ、服装にこだわらずに多くのことを学ぶのが良いという考え方もできます。着心地がよく、教育に役立つような制服を衛生的に身に付けさせてあげられるように配慮していきましょう。