Just another WordPress site

制服のズボン

幼稚園の制服、ズボンで気を付けたいこと

幼稚園の制服は、女の子の場合は、スカート、男の子はズボンというケースがほとんどでしょうが、男の子の場合、冬服でも半ズボンの制服である場合や、長いタイプを選ぶことができるというケースもあるようです。特に、寒冷地など、冬の寒さが厳しい地域の場合には、いくら子供が大人と比べると暑がりだからといって、日中でも氷点下のような気温の中では体調を崩すことにもつながってしまいます。また、幼稚園児は、寒いか、暑いか、など自分の体の様子を上手に感じ取ることができない場合も多いので、いつの間にか体が冷えてしまっていたり、逆に、厚着していて汗だくになってしまっているというケースもあるようです。もちろん、個人差もありますから、男の子の場合、冬服に長ズボンを選択できる場合には、自分の子どもにはどちらが適しているのかを考えることが大切といえるでしょう。
また、もし、半ズボンだったとしても、厚手のタイツなどを履かせることで寒さ対策をすることも可能です。ただし、女の子の場合と違って、男の子がタイツを履く場合には、スカートの時より幼稚園での着替えに手間取ってしまうことにもなりますから、難しい場合もあるかもしれません。そのような時には、最近では、レギンスを履いている子供も多いですから、タイツに比べると、幼稚園児にも履きやすいといえるでしょう。また、厚手のタイプを選べば、タイツよりも防寒性に優れているともいえます。
幼稚園の制服のズボンは、しっかりした素材で作られていますが、膝が隠れるほどの長いタイプの場合には、毎日の遊びなどで、布地が傷んでしまうことも少なくないかもしれません。普段着であれば、そこに継ぎはぎをしたり、なんとかごまかせるものですが、制服となると、そのような訳にもいかず、買い替えるにも、高価な場合が多いので、丈の短いタイプの方が、それだけ長持ちするともいえるのかもしれません。真冬など、どうしても寒いという場合には、制服ではないものを履いても良い場合もあるので、幼稚園に確認してみることも大切です。制服の上着と比較すると、ある程度、自由が認められるところでもありますし、なんといっても、園児の健康が一番なのですから、無理のない範囲で制服を着用することが重要です。また、日々成長を続ける子どもたちですから、いつの間にかウェストの部分がきつくなっていたりする場合もありますから、こまめにチェックしてあげると良いでしょう。