Just another WordPress site

男の子の制服

幼稚園児の男の子の制服について

幼稚園児くらいの男の子を育てている親は、毎日慌ただしいことでしょう。男の子は女の子に比べて、元気いっぱいで、動きが活発なことが特徴です。お子さんの性格によっては、何をするにも無駄な動きを挟んでから行動する子もいます。可愛らしい特徴でもありますが、毎日ともなるとうんざりしていまう、といった声も良く聞きます。男の子兄弟を持つ親は、強く共感してくれる経験です。しかし、元気いっぱいで、動きが活発なお子さんの子育ても、赤ちゃんから幼児期はあっという間に過ぎ去ります。いつしか幼稚園へあがるときがくるのです。
幼稚園によっては、通園のためのカバンや着替え袋、コップ袋や弁当袋、上靴入れやスモッグなど、手作りで用意するように指定される場合があります。通園準備にかかる予算は抑えることが出来ますが、時間がかかります。ミシンで縫うにしても、手縫いで作業するにしても、根気のいる作業ですから、早めに準備しておくことに越したことはありません。心配事や疑問点などは、後ろ回しにせずに園に問い合わせることがおすすめです。
一方で、通園のためのカバンから制服、靴下や上靴までも、幼稚園のオリジナルデザインにて指定される場合もあります。通園準備にかかる予算はかかりますが、時間を抑えることが出来ます。幼稚園によっては、制服だけで数万円かかるところもあるようですので、価値観のあわない方については注意が必要です。ここで一つ、男の子を持つ親に、幼稚園の制服についてアドバイスがあります。日頃から、アクティブでダイナミックな動きをするお子さんには、出来ればお下がりの制服をおすすめします。アクティブでダイナミックな動きをするお子さんは、園生活でも同様の動きをする傾向があります。
数万円出して購入した制服が泥だらけになったり、穴が空いたりするのも時間の問題です。その点、お下がりならば、そのような点も気になる頻度が減ります。また、活発なお子さんで、かつ、お外遊びが好きな子については、背がぐんぐんと伸びる傾向にあります。もちろん、お子さんの成長はとても嬉しいことなのですが、せっかく制服を買ってもすぐに買い替えなければならないとなると、親としても少なからずショックを感じることが多いでしょう。お下がりを活用することで、お子さんの幼稚園生活をのびのびとさせてあげることが出来ます。
お下がりの制服については、幼稚園で推奨しているところもあります。卒園生からの寄付を募り、新入園児へ贈与する園もありますので、園へ問い合わせてみてください。